Loading...

「偽」馬告にご注意ください

馬告に中国産はありません。

近年、急激な勢いで世界的に注目を集める「馬告」ですが、同時に「偽物」も多く出回っており、それは日本国内においても例外ではありません。

それは本当に馬告ですか?

「偽馬告」とは、一言で言えば「台湾原産」ではない馬告です。海外では胡椒にレモンの香りをつけたものが出回っていることもあるようですが、日本国内において深刻なのは「中国産 馬告」なるものです。

馬告はクスノキ科ハマビワ属の植物であり、同種の植物はアジアの一部地域で確かに存在しています。例えば、日本では『アオモジ』、中国では『木姜子』(ムージャンズ)、ネパールでは『ティンムル』(またはティンブール)などがそれにあたります。

問題は、この中国産『木姜子』(ムージャンズ)を台湾原住民の言葉である「馬告」を用い、希少価値のない同種のものを「レアスパイス」と名乗って販売していることです。

中国にタイヤル族がいたのでしょうか?限られた収穫量である希少価値はあるのでしょうか?なぜ『木姜子』(ムージャンズ)として販売しないのでしょうか?

タイヤル族が「長きにわたる繁栄」を願ってつけたタイヤル語の「馬告」という言葉が汚されているのは残念でなりません。

「台湾産 馬告」は何が違う?

台湾産の馬告は、車では入ることのできない台湾原住民の「タイヤル族」が住む奥地。海抜1500メートルの山麓にのみ自生しています。

この土地の気候と風土が生み出すミネラルをたっぷりと含んだ馬告は、強い香りと独特な苦味に加え、舌先に感じる山椒のような辛味が特徴です。

また、収穫量には限りがあり、1つ1つ手摘みで作業されることからも『幻の香辛料』や『レアスパイス』と呼ばれる希少価値の高い香辛料とされています。

中国産やネパール産では、この植物が育つ環境が異なり、香りが薄かったり、苦味が強すぎたり、辛味がなかったり。同じ品種でも台湾産とは味覚や香りに違いがあります。なにより、レアスパイスと呼ばれる希少価値はなく、とても安価であり、世界的に注目されるスパイスでもありません。

「馬告」が脚光を浴びる理由。それは「台湾産」であることに他なりません。

どうやって見分ける?

お客様より「中国産を購入してしまい、味の違いに驚いた」というお声は当社にもよくいただきます。本来の「馬告」に対する誤った印象を持たれ、残念な思いをなさらぬよう、購入の際は以下の点をご確認ください。

原産国を確認

その馬告 「台湾産」ですか?

  • 「台湾産」の輸入食品の原産国表記は「台湾」とすることが義務付けられています。「中国」表記は「台湾」ではありません。

価格帯で確認

希少価値のある お値段ですか?

  • 台湾現地でさえ、馬告は 70グラムで NT $450(約¥1,730*)ほどで販売しています。明らかに安価なものは台湾産ではない可能性が高いです。

* 2021年4月10日現在のレートで計算しています。

台湾産であれば安心なのか?

実はそうとも言い切れないのです。
『台湾産=良質な馬告』とは限りません。
多くの要素で低品質な「台湾産」も存在します。

苗木で育成

苗木から鉢で育てている馬告業者も。味覚や風味に違いが出てしまい、決して良質な馬告とは言えない台湾産です。

収穫場所

限られた地域に自生しているとはいえ、収穫場所は広大で、その全てが同じ辛味、苦味、香りを持つわけではないのです。

サイズ

粒のサイズも大小さまざまで、小さすぎず、大きすぎず。サイズによって苦みの強さや辛味に微妙な違いをもたらします。

乾燥工程

しっかりとした乾燥工程を踏まなければ、乾燥ムラが生じてしまい、同じ収穫場所でも風味や食感に異なる影響を与えます。

良質な台湾馬告を入手するには

当社の馬告は台湾の山から収穫し、「香り」や「サイズ」 など、一定の品質基準を満たした、良質で安心、安全な正真正銘の「台湾産 馬告」です。

良質な馬告を厳選

良質な馬告を厳選

1つ1つ手作業で香りやサイズを厳選した高品質な馬告だけを輸入。
厚生労働省認可

厚生労働省認可

台湾原産であることを証明し、厚生労働省の販売許可を得て輸入。
検疫検査

検疫検査

輸入時には検疫検査を行い、合格したものだけを販売。
食品微生物検査

食品微生物検査

国内で微生物検査を行い、栄養成分を確認。
残留農薬検査

残留農薬検査

農薬を使用していないことを証明し、身体に害のないことを確認。
細菌検査

細菌検査

身体に影響を及ぼす細菌が潜んでいないことを確認。

本物の台湾馬告をお求めなら



馬告.jp

馬告(マーガオ)は、台湾原住民のタイヤル族が好んで食べていたスパイスです。

別名「山胡椒」と書きますが和名はなく、日本の「山胡椒」とは異なります。パリパリとした食感に山椒のような刺激ある辛味と生姜のような苦味、そして強烈なレモングラスの香りは今まで食べことのない不思議な味をお楽しみいただけます!

DISRAPT.INC